中国茶を紹介します。


by cntea03

中国茶と調味料

精神を始めて興奮して、エネルギーは多種の疾病を治療して、中国茶と食糧の中で別れる事を始める。中国茶を炒める汁は全快して病気になるので、ヤムチャのする初めの段階。この段階の中、中国茶は投薬するのだ。その時の中国茶のできる量る不足として、同様にいつも用品に祭りを営んで使う。第2は段階のだ:とろみのあるスープは仏からつきあって秦と前漢後漢まで(へ)飲んで、中国茶は薬物から飲み物になる。その時飲む方法、ちょうどよい城郭の粗玉は《なんじが高尚・上品だ》は中所の見解のを注ぎ込んでいるようだ。もし中国茶の“とろみのあるスープの飲む事を煮ることができる”ならばを求める;言い換えると、中国茶を煮る時、まだトウモロコシと調味料の調味料を増加して、かゆの本を作る。唐費を達成して、更に様々な用途のこの飲み物の下の方法。中国国境の地区の少数民族が間近でどのくらいあるいはに唐に接収のヤムチャがかかって次に慣れる。そのため彼らは今なお依然としてふだんの悪習中国茶の汁のリガの上でその他の食品の事のためすこし着く。第3番は段階のだ:がらっこの法の事を受け入れて朝食の三国を突破して時代停止する山顕の追随する事に関して吸い込んで、唐にかかって流行を始めた。三国の時代の魏国と張拱手《広雅》は記載する。“灌木の巴の字の図案間の色の子中国茶葉の作品のカステラを刺すことがいる。中国茶葉老人、カステラはを要して美しい小麦粉で作った食品によって今後出る。欲求は中国茶の飲む事のため、先にあぶる達赤い痕跡、まだ付け加えないであって、磁気の中で放置する。
[PR]
by cntea03 | 2007-01-23 19:28 | 中国茶と文化