中国茶を紹介します。


by cntea03

中国茶と食べ物

スープによってひっくり返るこれを加えて、ネギを使って、ショウガ、ミカンのペンのこれ。それは目が覚めて酒を飲んで、人に対してさもなくば眠る。”これは、その時先にとるもとの中国茶葉を作って、カステラ、返す時更に付け加えて飲まないことがいて、沸く水は突破するととても明確に必ず言わなければならない。これと今日磚茶の方法の事を受け入れて同様であることを話して、受け入れる法の“祖先”の突破の事の事もちろん。“ただ、この時、スープによって(製作)中国茶の突破をして、依然としてもっと、足すショウガ、ミカンをすこし飲んで”は種類が和合を支えて起きることを発見することができて、とろみのあるスープ法移行した痕跡の事の突破の事の方向の事。唐に以前は中葉がかかって、陸地羽はその他を明確にして()に香気の調味料の事を足して中国茶に反対して、中国茶を飲んで中国茶の事のもちろんの臭い味を飲むことを強調している。その時説明したヤムチャの方法が同様にちょうど変革の中でな時。泡は中国茶を突破して、唐の人称は“茶を点検する”を思われる。のみ込んだことがあって中国茶を点検して、再度は中国茶を咀嚼して、とても小さくそれは味わって、エネルギーは巨大な楽しみを獲得する。宋人は(ある)が(中国茶が沈んでいく)が中国茶を点検して主に突破して飲むことにしみこむことを持つことを決定して、国境の地の法のとろみのあるスープが間近で飲むことができるを除いて、まばらに見る。突破してしみこむになることができて受け入れるのは第4段階のだ:仏ヤムチャの第4段階の事、全中国茶を称されて法の事にしみこむ。
[PR]
by cntea03 | 2007-01-23 19:32